また此処で必ず会おう

此処へ来て一ヶ月が経った。
色々とあったけれど、なんだかんだ日々を過ごしている。図太い。
「君ほど強く無いからね」と言われて、
「そうね、私は強いからね」と言い返せるようになった夏。
昨年の夏は泣いて泣いて泣いてただひたすら負けないという気持ちだけで生きた。
私は弱くて情けなくてどうしようもないなってこれでもかと味わった。
けれど今、昨年とは180度違う世界で生きている。
手放さなければならなかったものが、全てまた手の中に戻って来た。
寧ろ昨年の夏よりも多くのものが与えられている。
人生ってすごく不思議だ。
たった365日の間にこんなにも景色が変わる。
きっとこれは滅多に無い、人生でも摩訶不思議な出来事なのだろう。
生きている限りどうなるかわからないし、何事もどう転ぶかはわからないから、今この瞬間にあるものをしっかりと感じ取りたいなと思う。
この瞬間にあるものを感じ取れていたら、それは確かに実在したことで、嘘偽りない日々だったと後できちんと消化できるから。


生きている。
恐ろしいと思うほどに生きている。
生活はそういった実感を与えてくれる。


お世話になっている人は11日からお休みに入り、15日から出勤だ。つまり今日。
日常が戻ってくる。
変則的な日々は何だかぼんやりとしてしまう。
力がうまく入らないような、何処か呆けているような。
今日目が覚めたら日常が待っている。
容赦のない日常が。
私の体がどうであろうと知らぬ存ぜぬと当たり前にやってくる。
私はまたヒィヒィと日常に尻を叩かれながら生きるのだ。


この生活も今週でひとまず終わる。
私には戻ってからやるべきことがある。
やるべきことをしっかりやり遂げなければならない。
地元の夏を何も感じないままこの日まで来た。
昨年に引き続いて、今年の夏もまた一生忘れないのだろうなと思う。


最近よく聴いているのはこれ。