よいよい

私がこっちに来てから身につけたことの一つに、鬱状態との共存がある。
クリニックは変えてないので医師に会えるわけでもない。
家族が家事をしてくれるわけでもない。
家事の進行は私にかかっている。
どうにかこうにか動けないものかと考えてひねり出した答えが、そのまま受け入れるだった。

体が重くて地球の引力が強すぎるんじゃないかと言う日でも溜まっていたら洗濯物は干さなければならない。
「はい!だめ!!今日はだめでーす!!だめですよー!!」と言いながら干す。
吐き気が強まって来て胃薬を飲みながらも何とか食べ物を口にしている時は、「絶対にお前を倒すからな!」と口にしている。
夕食を作っている時が一番顕著で、「圧倒的に負けないと言う強い気持ち」でお米を研ぎ始める。そして次に味噌汁を作る。主菜を作ることから逃げられないように自分をじわじわ追い詰める。

本当にもうどうしようもない日は「だめなんだよねー、だめだねぇ。どーにもこーにもだめだねぇ。わかるわかる。だめなんだよねー。よよいのよいっ!」とか口に出している。
もちろん部屋の中は1人だ。完全に頭がおかしい。でもまぁ頭の病気だから許してほしい。
本当にもうどうしようもない時は携帯も見られないし、テレビなんて論外なので、手負いの獣のようにひたすらベッドの中に潜る。じっと堪えて少しの光を待つ。

私はこっちに来てから、ダメな自分を笑えるようになった。
あらー、こんなにダメなのねぇって自分に言えるようになった。
だからと言ってまだ頼ると言う癖はつかなくて出来ない時は相手に謝り倒すのだけれど、自分のダメさを笑える日も出来るようになった。
正直、笑ってなきゃやってられないのだ。
私のメンタルをコントロールできるのは、こっちにいる限り自分だけだから。
次の課題は、一緒に住んでいる人に頼るということです。地道に行きます。


辛いことを、辛いと口にできる人は素晴らしいと思う。ツイートでも何でも。
私は躊躇うので、凄いなぁと思う。
私も素直に辛いが言えるようになりたい。