幸せなんて歩いてこないよ

「あっ」と言う間に8月になってしまいました。
私の地元は今日梅雨明けをしました。
書かない間にいろんなことがありました。
はじめましての出会いがたくさんあったり、高級魚のどぐろをみんなでつつきあったり、丸亀製麺でしょーもないほんねをつらつらと話したり、やっとのやっとこさ会いたい人の旅の終わりで会うことができたり。


その裏では戦争でした。
日々戦争。修羅。
あまりにも修羅すぎてふとぼんやりしていると「世界平和」とか願ってしまっていたのでやばかったんだと思います。
ジョンレノンもびっくりの世界平和への祈り。


醜態を晒しました。本当にどうしようもなく醜く、救いようがなく、同情の余地のない醜態を。
落ちるところまで落ちたなと思います。
底が見えたら、蹴り上がるだけです。
私はまだ諦めたくないので蹴り上げます。
ここで、醜態を晒して生きられるほど開き直れていないので蹴り上がります。
はなまるな笑顔を見せていたいので高く高く。


もしも、もしも努力が報われるのなら、頼むよ。
私ね、本当にがんばり続けたんだ。
お前が勝手に頑張ったことだろって言われたらそれまでなんだけどさ。
体ボロボロにしながらも諦めなかったものがあるんだよ。
報いをちょうだいよ。
頑張って頑張ってもう無理ってところに更に爆撃食らってさ。もう息ができないと思ったけど私欲張りだから諦められないんだ。
手放した方が幸せになるのかなって時折思うよ。
けど、進めるところまで進みたいんだ。
だって、進みたくても進めなかった日々があるから。


体は器。
体はおまけ。
死ぬまでに酷使するもの。
この考え方も改めなきゃいけないね。
大事にするってどこからなんだろう。