うるせぇよ、ばかやろう

「ここは病院だから必要な人が来る場所、病院依存になられても困るんだよ。治療は卒業の方向にシフトして然るべきです」
さあこれは誰の言葉でしょうか?
正解は勿論主治医です!
私が誕生日前日に希死念慮にあまりに呼吸が浅くなって行ったときのことです。
そして私は普段ならばあまり行きません(診察代勿体無いし)。
主治医は過去にこう言っています。
「まずいと思ったらいつでも駆け込んでおいで」と。
そのまずいがきたからこそ駆け込んだのだけれどあれれ???状態です。
いや、治療は勿論卒業を目指すよ。当たり前だろう。普通に酒飲みたいもんよ。
結局、自分を守ってくれるのは何処までも自分だということなのだろうなと思ったのでした。

田舎は病院ガチャが出来るほど病院がないのがしんどいところです。
しかしさすがに今回の件は穏やかな私でもムムっ?となったので、次回看護師さんに相談致します。
看護師さんとの方が余程信頼関係を築いているかもしれない。

さて、迎えてしまいました。
0時ぴったりに電話をくれていた相棒がいました。(専門学校時代の相棒)
友人が2人泊まりに来てる中で私にビデオ通話をかけてくれた友人がいました。
起きたらLINEが溜まってました。
そんな今日は私の大好きな場所二箇所へ思い切って車を走らせました。
自然の中と温泉。
大好きな池は初めての顔を見せてくれました。
まだ太陽が昇りきっていないために緑が反射する前のありのままの池の姿を見せてくれました。
とても美しく透き通っていました。ここにくるの、今月2回目。
温泉は休業日だったのですが、親父さんが「どーぞどーぞ」と入れてくれました。貸切!
ここのお風呂は湯の花がすごいのです。そしてスベスベになります。
ただし、民家から綺麗に見えるっちゃ見えるのでそういうのを気にしない人向けです。
私は人生で一番大好きな温泉が今の所ここです。

帰ってきて、手紙を書いた今、じわじわと肩こりに気付いて、発熱を観測しました。
弱っちいなあ。
ドーピングしたんだけどあまり効かなかったなぁ。

そんなこんなで、私はまた一つ扉をあけてしまいました。
世の中は不思議です。私自身はあまり変わっていかないのに、数字がどんどん増えて周りの見る目がそれによって変化していきます。
あまり、私を、決めつけないで。
(幾つだろうと私は私だよ)

そんなこんなで、暑かったですね。
みなさまお身体お大事に。

広告を非表示にする